豊かさレシピ 3テンマンテン

仕事・プライベート問わず、経験・体験・学びたいことって全て「ただ人生を豊かに生きたい!」からなんだ。自分を知って「ライフワーク」「お金」「人間関係」をステージアップさせる

AI(人口知能)時代のコミュニケーションスキルはおばちゃんに学べ!

金沢・加賀に2泊3日の旅行に行ってきました!

大阪からはサンダーバードで2時間半。

 

1歳半の子供連れの移動は大変なことも多いけれど、

行く気にさえなれば、あっという間の距離です。

 

満足いく宿泊とは全てのバランスとコストパフォーマンスの高さ

さて、今回加賀で宿泊した旅館がとても良かったのでご紹介。

私たちが泊まったのは「森の栖リゾート&スパ」というところです。

 

 

 

・ 1万坪という広大な敷地。

かつては、昭和の高級旅館だっただろうなという造りを

モダンにリニューアル

 

・至る所にテラス・ソファやチェアーが置かれて

旅館の中でゆっくりとした時間を楽しめる

 

・ラウンジでのフリードリンク

 

・お風呂の広さ・スタイリッシュな洗い場

 

・お食事場所のモダンな雰囲気と食事の丁寧さ・味

 

・お庭とテラス付きのお部屋とその広さ

 

・何よりも温かいおもてなし。

 

・そして、大阪人には大切な

そのコストパフォーマンスの高さ!

それはそれは、旅館宿泊にはこれまで泊まった旅館で

最安値!というお手頃の金額でした。

 

どこをとっても平均以上、

その上このお値段ということに満足そして感動。

 


 

 

だけど一番感動できるのはやはり人の温かさ

 

私は、その体験が感動レベルだったとき、

アンケートにその気持ちを綴るようにしているのですが。

 

今回、時間がないながらも筆をとりたかった一番の理由は、

「コストパフォーマンス」ではなく

「温かいおもてなし」でした。

 

そのおもてなしを提供してくださった方々の仕事への敬意と

感謝を伝えたかったのです。

その為、おもてなしを提供くださった方の

名前はしっかりとチェックしてアンケートにも記載。

 

 

シティホテルで受けるような

「スマート」でお客様が心地よく感じるであろうと計算された

適度な距離感を意識したカスタマーサービスではなく、

接する人、厳密には全員おばちゃんなんですが、 

全てがまるで親戚のおばちゃんのような接し方なんです。

 

例えばそれってこんなことです。

 

■ おばちゃんの趣味が聞けたり

■ 大阪によく行っていることが聞けたり

■ おばちゃんの友達がどこに住んでいるのかまで知れたり(笑)

■ すれ違うたびに、息子のほっぺをなでなでしに来たり

■ 息子の食事の為にお金を使わない工夫を提案してくれたり

 

 

社員教育がしっかりしているよねぇ〜」そう旦那とも話していたのですが、

「仕事」としてのコミュニケーションをはかっていうよりかは、

おばちゃんそれぞれが「素」でおばちゃん特有の「味」が

しっかりと活かされて、気持ちよく働いている

そう感じるものでした。

 

社員教育がしっかりしている」というのも事実だけれど、

きっと「社員を大切にしているんだろうなぁ」 

そう私は感じました。

 

「またここに観光に来たい!」ではなく「またこの旅館に泊まりたい!」とお客さんに思わせることは最高の接客

私は、一度行ったところに行くことにそれほどワクワクを感じずで、

私にとって旅行とは知らない土地に行き新鮮さを感じて、

その土地のことを知る楽しさを味わうのが目的なんですが、

この旅館、そんな私に、

 

「またこの旅館に泊まりたい!」

 

って思わせてくれた数少ない宿泊施設の一つとなりました。

 

旅館に泊まりたいから、一度行ったところにもう一度行くって

私にはほんとありえないことなんです。笑

旦那も同じように感じたようで

また季節を変えて必ず行きます。

 

でまた〇〇さんお願いします、とリクエストして

息子の成長を見てもらい、喜んでもらい、

そんな旅の時間を過ごして見たいんです。

 

 

AI時代に突入していく中、

今ある仕事の50%がなくなるとかなんとか言われていますが、

 このおばちゃんたちの仕事は奪われないクオリティのものだなと、

そう感じたのです。

 

長崎にはフロントではロボットがお迎えし、最新技術を活かした

「変なホテル」というのがありますが、

やっぱり人との触れ合いを楽しめる旅・宿泊施設に勝るものはない!

そう思うのでした。