悔しさから沸き起こるエネルギー

 悔しい。

悔しい思いをした。

これをきっかけに、

課題・改善する場所

今までやりたいと思っていたのにできていなかったことを

やろうという決意にも繋がった。

 

私久しぶりに大きいスイッチ入りました。

さすが、火星の射手座入り。

最近は、星の動きとまさにシンクロ。笑

大きな夢より自分のエゴをまずは満たすこと

大きな夢。

自分に自信がなく、やりたいこともわからなかった時は、

なんだか大きな夢

他の人に役立つようなこと

もっともらしいことを

持つことで、なんとか自分を保っていた時もあったなぁ〜。(遠い目)

 

いつの間にか、そんな大きな夢をも追わなくなり、

そして、地元に返り地元の近所からスタートした教室。

 

「好きなことをして豊かになりたい」そして

「自分の時間も大切にできるライフスタイル💓」

仕事の先の目標はいつもここにあって、

それを念頭に形にしてきた。

 

でもね、一生懸命やっていて

喜ばれ、また懸命に取り組んで、喜ばれ

そんなサイクルを何度も何度も経験してみてわかったこと。

「自分のため」に始めたことは、

いつしか、「生徒のため」「保護者のため」「社会のため」

そういう、幸せの範囲を自然に広げることができる自分と出会ったこと。

 

だから、はじめかっら大義名分はほんとはいらない。

 

自分の欲いっぱいいっぱい満たす。

まずは、自分がピンときたもに取り組み

それに懸命になれ、人の役に立っている実感を味わえたら、

自然と、他者貢献したくなる自分にであるんだ。

 

 

 

 

1歳3ヶ月 積み木を2−3個積み上げることができました

つい一週間前まで

積み木:壊す -> 一つ積み重ねることができる

だったのが、気がついたら

せいちょ2ー3個重ねて積み上げることができていました。

と言っても、毎回ではないですが…。

手元を見てると、「積み上げる」という作業は難しいことなんだなと。

 

積み木はどうやらとてもお気に入りの様子で、

袋から出すと、「あっあっ」とテンションが上がってます。

「知育」は結局家庭モンテッソーリだった!

これまでは、自由に放牧型遊びをさせていたのですが、

1歳になり、ちょっと周りの状況を理解し始め、

また2018年年があけたのをきっかけに、

ちょっとした知育の時間を作りました。

 

手始めに、この教具を購入。

調べ始めるまで知らなかったのですが、

どうやら知育業界では、とても有名なもののようです。

 

プラステン

プラステン

 

 

子供なんて何もしないで勝手に学ぶし、

勝手になんでもできるようになる。

それも事実だけれど、

子供の「仕事」は未就学児であればそれは「遊び」

 

で色々と考えていると、結局は、

親がどれだけその遊びの環境を与えてあげられるか

遊びを段階的に引き上げてあげられる知識やセンスがあるか!?

となると、これって結局「モンテッソーリやん」という

一周回ってじゃないけれど、

かつて自分が教育に興味を持った原点にたどり着いた。

 

■ 使い方を示してあげること

■ 子供が自分でし達成感を味あわせてあげることで自己肯定感を育てること

■ 子供の敏感期を観察すること

■ 学びの段階を徐々に引き上げてあげること

(これをするには、親のセンスも必要!知識と情報で補うことはできるけど)

と、かつて通信教育だけどモンテッソーリの考え方に

戻ってきたのだ。

 

「集中」すれば子どもは伸びる!  モンテッソーリ園

「集中」すれば子どもは伸びる! モンテッソーリ園

 

 色々調べていると、家庭モンテッソーリのブログが出てくる出てくる。

そしてみなさん、すごく工夫されていてひたすら関心。

ブログチェックもしたいけれど、

こういう時はひとまず本を買うことで

情報を絞って、効率よく時間も使えるよね。

 

ということで、この本を購入しました。

101個のライフゴール=人生の目標を立てて、実行してゆく

To Do Listをアプリにインストールし、

しっかりと習慣として使い始めて、

やるべきことがサクサクとできるようになった!

 

前からアプリは入れていたのだけど、

Get Things Doneをしようという自分の意識が変わったからかな。

 

旦那さんに影響されてこんな本を買ってみました。 

リビングに置いて、ペラペラとめくりながら簡単に始めれるものから

実行し始めています。

 

Hack 247 ライフゴールを次々に叶えてゆく

というよくある願い事を書き出すというハックがありました。

 

最近、こういうのやってないんよねぇ、と思いながら、

久しぶりに型にしっかりとハマって実行しようと思い

101個のライフゴール=人生の目標を立てて、実行してゆく

をスタート。

 

101って難しいだねぇ〜。

そして、意外と書き出せない。

何も欲していない?自分を垣間見たようでちょっとがっかり。

 

一日でやろうと思うから難しいんやよね。

PCのメモ帳にちょくちょくと書き足していきたいと思います。

 

 

過去のフレンドシップを迎えに行く

お正月、温泉旅行に行きました。

 

1歳時とのお風呂は、ドタバタ。

おばさんが挨拶すれば、絶賛人見知り中の息子は

露店風呂で大泣き。

宿泊スタッフ・お客の間で、

「あの子は目をあわさんようにせんと」とちょっとした噂が…。笑

 

そして、息子が寝静まって、再度一人で温泉に。

心の底から、体の芯からホッとするひとときだ。

 

自然の中、誰もいない露天風呂で静かな中、

ふと自分の若かりし頃のことを色々と思い出す。

自慢だけど(笑)

「いい友達やらに巡り合って、いい人生送って来てたなー」

 

 

 

人生の一時期をあれほど大きな存在としていてくれていた友人たちだけど、

今では連絡を取っていない者もいる。

People come and go. 

だけど、人生のどこかで、それぞれの生きる道が交差しああったことって

今思うとすごいことだなって。

 

ずっと連絡をとっていないと、とるタイミングも分からず、

結局そのままにしてきたのだけど、

ふと、昔のフレンドシップを

迎えに行きたいと思うようになった。

 

2018年の私のテーマのひとつ。

決めることにも前半・後半があるって知っていましたか?

最近何か「決めましたか?」

人生を変える一つに「決める」ことがあるというのは

よく言われていること。

 

その決めるということ、って生易しいものじゃないと気がついたのは最近。

それは、行動が変わるということ。 

そこまで、いくには、何度も自分の感情や欲していることに敏感になり耳を傾け、

本当にそれを欲しているのか、何度も何度も聞き返し、

それでも「イエス」だということを確認する作業が必要なんだ。

 

9月、自分の心境をノートに綴っていた。

その当時、決めたことそれは「断捨離」

部屋とマインドをすっきりさせること。

もう心が望まない仕事は断るということ。

 

そして、秋から続く私の一大プロジェクト。

やっと2017年の年末、2018年に入って決めることができたんだ。

今の役割を卒業するということ。

そして、新しい役割に自分をシフトするということ。

 

 

9月の決めるは簡単に決めれたけれど、

今回の決めるは、時間かかったな。

今でも、揺れることがあるけれど、

次選択の機会が来た時は「えいや」と行動を変えれていると思うんだ。

 

決めることは、心に決めることは前半。

後半は行動が変わること。前半・後半でセット。